2016年07月03日

テディ・ウィルソン オール・オブ・ミー

テディ・ウィルソン.jpg


まずはテディ・ウィルソン・トリオのオール・オブ・ミーです。

テディ・ウィルソンはアメリカのジャズピアニスト。

ルイ・アームストロングやビリー・ホリデイなどと共演し、特にベニー・グッドマンのトリオに参加したことで、白人と一緒に公の場で演奏した最初の黒人になりました。

その他数多くのスウィング・ミュージシャンたちと共演した、スウィング期を支えるピアニストです。

どちらかというと縁の下の力持ち的な存在なんですが、このオール・オブ・ミーでは前面に出て見事な演奏を繰り広げます。

メンバーは
テディ・ウイルソン(ピアノ)
ジーン・ラミー(ベース)
ジョー・ジョーンズ(ドラムス)

1956年のアルバム「アイ・ガット・リズム」に収録されています。



アイ・ガット・リズム


実は同じメンバーにテナー・サックスのレスター・ヤングが加わった演奏がありまして、むしろこちらの方が有名なんですが、聴き比べてみると面白いかと思います。

レスター・ヤングはモダンジャズのサックス奏者のすべてに影響を与えたと言われている巨人。

カウント・ベイシー楽団に在籍していたんですが、第二次世界大戦での軍隊生活で音楽に悪影響を受け、ボロボロになっていました。

しかし一時的に健康を取り戻した時期があって、ちょうどその頃録音されたのが「プレス・アンド・テディ」というアルバムです。

1956年つまり「アイ・ガット・リズム」と同じ年です。

共演者が気心の知れたテディ・ウイルソンということもあって、全盛期を彷彿とさせるような素晴らしい演奏です。

ちなみにプレスはレスター・ヤングの愛称です。



Pres & Teddy


つらいアレルギー体質・皮ふ炎に効く
澄肌漢方堂【第2類医薬品】



驚きのクッキリ成分32種類!「ブルーベリーは実より葉」


今日からはじめる認知症対策のアシスト!

【篠原菊紀教授監修 いきいき脳楽エイジング】



エンザミンのパイオニア エンザラボ

家族を震災から守る防災グッズ!【スイッチ断ボール】


posted by ユーコー at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439647727
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック